TOPLOGO

アートメイク施術をして目元を綺麗に表現

アートメイクとは皮膚に専用の針を使って色素を注入することにより、メイクをしなくても眉や唇の色合いを美しく見せようとする施術です。効果は大体3~5年ほど持続します。

最大のメリットは色素を入れているのでメイクをする必要がなく、毎日のメイク時間が短縮されます。

すっぴんの状態でもメイクしたように見えるので、素顔に自身が持てたり、プールや温泉などですっぴんになっても素顔に自信が持てます。

デメリットは色素の除去が困難ということです。施術後に気に入らなくなってもすぐに変更できないので、そのアートメイクのまましばらく過ごさなければならないこともあります。また、除去の方法によっては傷が残る可能性もあります。

また、アートメイクをしているとMRI検査が受けられない可能性があります。注入する色素の成分に金属が含まれる場合、MRIの電波と金属が反応し、ごくまれに発熱する可能性があるため、検査を受ける前に医師への確認をすることをおすすめします。

アートメイクの種類は眉、アイライン、リップ、ほくろ、アイシャドウ、チーク、さらには乳輪や乳頭などもあります。

医師免許を持たないサロンや美容院で施術した結果、化膿したり角膜に傷がついたりと言った相談が国民生活センターに寄せられたり、実際に逮捕者も出ていますので注意が必要です。

アロマ 画像